■どのサイトが一番いいのか?

出会い系サイトをいざ使ってみようと思ったときに、一番最初に悩むのがどこのサイトに登録すれば一番出会いやすいのかということです。

ビル看板の広告だったり、インターネット広告だったり口コミだったりさまざまなサイト選びの基準がありますが、なにをみたら一番参考になるのかわからないですよね。

当記事では、本当に出会いやすくて優良な出会い系サイトの選び方を徹底解説しているので、これから出会い系サイトを始めようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

以下の説明を読めば優良サイトに出会って、理想の相手にも出会えると思います。

●選び方を心得ておく

そもそも、なぜ出会い系サイトの選び方を身につけておかなければいけないのか知っていますか。

出会い系サイトは料金が安くて会員が多いところに登録しておけばいいと思っている人がいますが、全くそんなことはなく、多角的に選ぶ必要があります。

出会い系サイトにはちょっとコツを覚えればすぐに出会うことができる本当に優良なサイトと、何をしても全く出会えないサイトの二つに分けられます。

一つ目のサイトは確実に出会える優良サイトというもので、ポイント制の都度払いのサイトになっています。

後者のサイトは完全に出会いなんて全く考えておらず、そもそも女性の利用者がいないワンクリック詐欺などをおこなっているサイトです。

こういうサイトは女性の利用者がそもそもいないので出会う出会わないという次元ではなく、サクラばかりです。

もしあなたが本当に出会いを探し求めているのであれば、悪質サイトに登録することだけは避けなければなりません。

そのために出会い系サイトの真贋を見極める目を身につけなければいけません。

●会員数が数百万人規模のサイト

会員数の多さや知名度の高さは、特に出会い系サイトを選ぶときに優良サイトを見極めるときにみるべきポイントです。

会員数や知名度が多い老舗の大手サイトであれば女性の登録者数も必然的に多くなっているので、それだけ出会いのチャンスがあるということです。

男性にとって出会い系サイトの知名度が高いということは女性の会員数が多いことに比例して、出会いやすいことにつながります。

ちなみに、どれくらいの会員数がいればいいのかと言えば、累計の利用者が500万人を超えていればダントツで出会いやすい超優良サイトといっても過言ではないでしょう。

数百万人以上という会員数はこれまでの累計登録者なので、常にこの人数がサイトを使っているわけではありませんが、それでも一日当たりの利用者数は数千人を超えているでしょう。

他にも知名度や会員数の他にも運営実績もみてみると本当に優良なサイトを見極めることができます。

運営実績の基準としては10年以上も運営されていれば、大量に生まれては消えていくサイトのなかでも本当に優良なサイトといえるでしょう。

運営実績が10年以上もあるサイトは24時間サポートだったり、サポート体制が完備されているサイトが多いので、使いやすさが抜群にいいです。

長い運営実績があると言うことは、ちゃんと意味があるということですね。

●トップページに会社の情報

何らかの商売をインターネット上で行うときは特商法の記述が法律で定められています。

出会い系サイトというものは簡潔に言うと異性紹介業という商売ですから、きちんと届け出をださなければ運営してはいけません。

逆に言うと、これらの義務を果たしていないサイトは違法サイトであるといえるでしょう。

インターネットで何らかの商取引を行うときは、運営側は消費者に対して特商法に基づいた解説をサイト上に開示しなければなりません。

特商法に照らし合わせてワンクリック詐欺を考察してみると、消費者に対してサービス内容などを書いていないので、無効になります。

お金が発生することを別のページで表示するなど、料金体制をわかりにくくしているときも契約無効となります。

会社概要についても細かく記載事項が定められていて、会社名から住所や電話番号などを記載しなければなりません。

住所は何丁目何番地まで記載しなければいけませんが、悪質サイトの場合はそもそも会社情報のページ刷らないことが多いでしょう。

そもそもページが存在しないか、存在していたとしても、バーチャルオフィスだったりすることが多いのです。

悪質サイトの住所をグーグルマップなどで調べてみると、会社があるような場所ではないというようなこともよくあります。

悪質サイトは人から金銭をだまし取ることを主としているので、会社概要や特商法などの記述がないサイトは利用しないようにしましょう。

もちろん大手の老舗サイトは優良サイトなので、安心して利用してください。

●利用規約が書いてある

利用規約の表示は会社の義務なので、優良出会い系サイトには必ず記載されています。

なので、利用規約の表示がなかったり隠すように書いてある出会い系サイトは悪質サイトといえるでしょう。

出会い系サイトに限った話ではありませんが、多くの人が利用規約なんて読むはずもなく登録したり利用したりしています。

ですが、悪質サイトの場合は利用規約を読ませないようにして、高額な料金をぼったくろうとしています。

そして、りようきやくにこれこれこれだけの金額がかかると書いてあるからという理由で高額請求してくるわけです。

ワンクリック詐欺などの悪質サイトに引っかからないようにするために利用規約を必ず読むようにしましょう。

●有料の方が安心!

インターネットの黎明期であれば、無料サイトでも興味本位で善意で運営されていたサイトがたくさんあったのですが、最近はお金にならないので、悪質サイトばかりになってしまいスパムメールや有料サイトへの誘導で稼ぐようになってしまいました。

無料で使えるサイトは魅力的ですが、そもそも女の子が使っていないので出会いようがありません。出会えないどころか、スパムメールやワンクリック詐欺などがあるので、登録してもデメリットしかありません。

有料のサイトはお金がかかりますが、その分いくらでも女の子と出会うことができますし、サポートも充実しているので、使いやすいです。

有料サイトでかかる費用は、女の子と確実に出会えるので、安いものだと思います。

ですが、あまり高い金額のところはいいサイトではなく、むしろ悪質サイトといえるので利用をしないように注意しましょう。

例えば、本当に優良な大手のサイトだとメール一通当たりの金額は100円以内に納まります。

悪質サイトと呼ばれるようなサイトでメールを送ろうとすると一通当たり200円以上もかかってしまうのです。

そしてそういった高額請求をしてくるサイトというのはサクラばかりがいるので、出会えません。

悪質サイトに登録しても女の子と出会えないばかりか、お金も使ってしまうので、ポイント制のサイトの数千円をケチらずに、そちらを使いましょう。

ちなみに料金体系について、ポイント制か月額制のどちらの出会い系サイトがお得に使えるのか迷っている人はいるのではないでしょうか。

ポイント制のサイトはサイトの使い方のテクニックを心得ているベテランの人、月額制のサイトは初心者の人や婚活目的の人におすすめです。

ポイント制の場合はポイントの分だけを使うことができるので、安上がりで出会えるノウハウを持っている人はポイント制のサイトがおすすめです。

ですが、出会い系サイトを始めたばかりの人が使うと、思ったよりも寄り道をしてしまってポイントを無駄に使ってしまう傾向があるので、余計に費用がかかってしまうかもしれません。

定額制のサイトはどんな機能も使いたい放題で初心者向きですが、会員数がすくないというデメリットがあります。

なので、自分が求めているようなぴったりの相手と出会うまでに時間がかかるというデメリットもあります。

どちらの料金体制のサイトにも一長一短がありますので、どちらが自分に合っているのか両方使ってみるというのも一つの手です。

●別のサイトへ誘導しない

これは無料の出会い系サイトでよくやっている手口なのですが、例えばAというサイトに無料で登録をさせて別の有料サイトに同時に登録させるという手法です。

そして、そのサイトではなく、別に同時登録されているサイトから一日数十件単位でメールが送られてきます。

もちろん、その女性からのメールはすべてサクラなので返信しても意味がありません。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていない手法なので、同時登録しているサイトがあったら、登録するのをやめておきましょう。

この同時登録するという悪質な手法は、昔は無料サイトがほとんどのサイトでやっていましたが、最近ではやっているサイトがあまりありませんが一応知識で防衛しておきましょう。

●年齢認証している

出会い系サイトを運営している会社には、利用者が本当に成人しているかを確認しなければならないという法律があるので、どこのサイトも免許証などで年齢確認をしています。

なので、必然的に年齢確認をしていないサイトというのは不法に運営しているサイトなので、悪質サイトといえることができます。

ちなみに、出会い系サイトが年齢認証をしていてもしていなくても、未成年との性交渉は違法行為なのでやめておきましょう。

●優良サイトランキングから選ぶ

もちろん、比較サイトから選んでもある程度本当に優良サイトを選ぶことができます。

なので、もし自分で選ぶ時間がなかったりする人は、当サイトのようなランキングを使って、いいサイトを選んでください。

ちなみに、簡単に出会えたり、安く出会えたり、無料で出会えたりする優良サイトというのは存在しないといっても過言ではありません。